お米の味がするおせんべいを作っています

草加煎餅の歴史を見てみよう

草加の歴史

煎餅は今からおよそ1,200年ほど前に弘法大師が中国から持ち帰ったものがその起源とされていす。その形も味もいまとなっては知る由もありませんが、伝えられた製法技法によって、特別な食べ物として広がり以後各地で様々なせんべいがつくられるようになったようです。
煎餅は江戸の末期までは小麦粉で作られたものが主流でした。江戸の末期になってうるち米を原料とする「塩せんべい」とよばれるものが出回るようになり、庶民のあいだで爆発的な人気を博していたようです。明治時代には草加でも塩せんべいが街道の名物として出回るようになり、型焼きの塩せんべいが急激に流行、大正時代にかけて地場産業として急速に発展したようです。
その背景として、
・昔から米どころ草加と言われ、稲作がさかんだったこと
・日光街道の宿場町であり、多くの旅人でにぎわっていたこと
・大都市「江戸」と隣接しており江戸の食文化の影響をいちはやく受けていたこと
という草加の特徴を忘れてはならないでしょう。
草加市立歴史民族資料館には煎餅作りに使われた昔の道具や、製法行程の写真が展示されていて、見学することができます。草加市立歴史民族資料館・0489-22-0402

煎餅は今からおよそ1,200年ほど前に弘法大師が中国から持ち帰ったものがその起源とされていす。その形も味もいまとなっては知る由もありませんが、伝えられた製法技法によって、特別な食べ物として広がり以後各地で様々なせんべいがつくられるようになったようです。

煎餅は江戸の末期までは小麦粉で作られたものが主流でした。江戸の末期になってうるち米を原料とする「塩せんべい」とよばれるものが出回るようになり、庶民のあいだで爆発的な人気を博していたようです。明治時代には草加でも塩せんべいが街道の名物として出回るようになり、型焼きの塩せんべいが急激に流行、大正時代にかけて地場産業として急速に発展したようです。

その背景として、

・昔から米どころ草加と言われ、稲作がさかんだったこと

・日光街道の宿場町であり、多くの旅人でにぎわっていたこと

・大都市「江戸」と隣接しており江戸の食文化の影響をいちはやく受けていたこと

という草加の特徴を忘れてはならないでしょう。

草加市立歴史民族資料館には煎餅作りに使われた昔の道具や、製法行程の写真が展示されていて、見学することができます。草加市立歴史民族資料館・0489-22-0402

ページトップへ戻る

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project