お米の味がするおせんべいを作っています

草加せんべいって?

草加せんべい草加せんべいは始め「塩せんべい」と呼ばれていました。江戸後期まで主流であった小麦粉に砂糖を混ぜた「瓦せんべい」のような甘いタイプのおせんべいと区別するためだったようです。作り方はうるち米を粉にしてから蒸してついたのち、成型して乾燥させ焼き上げたものです。代表的なものは円形の醤油味の堅焼きせんべいですが、今では時代の流れに合わせて各店舗独自の味付けがなされていて、胡麻、みそ、海苔、唐辛子、ザラメ等様々な種類が作られています。

ページトップへ戻る

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project